7つの習慣




7つの習慣―成功には原則があった!
”を紹介します。

本書は1990年に初版が出版されたときにセンセーションを巻き起こしており、以来1,000万部以上を売り上げ、ビジネス書として今でもベストセラーを続けているます。

著者のスティーブン・コヴィーは、国際的に高い評価を受けるリーダーシップ研究の第一人者です。

真に成功を果たすには個人としての有効性と職業としての有効性をバランス良く備えることが重要だと認識しており、

それを反映して本書は、この2つの領域でより効果的に行動するための手引書となっている。

ここで引用される具体例では、ビジネス上の課題を題材にしたものと同じくらい家庭内における状況を数多く取り上げているます。

7つの習慣を身につける前に、コヴィーが「パラダイムシフト」と呼ぶところの、世の中の仕組みに対する認識と解釈の転換をまず実現する必要です。

著者はこの転換の実現を支援し、生産性、時間管理、前向きな思考、「予防的に働く筋肉」(何かに反応するのではなく自発的に行動すること)の開発など、他にも多くのことに関する認識と行動に影響を与えている。

<感想>
この本は、ビジネス関わる人だけのためではないと思いました。
家庭内における例を数多く取り上げられているように日常でも役に立つ内容だと思う。
読むと、いろんなものに振り回されているひとは何を中心に行動すればよいかがわかります。
何度も読み返すたび新たな発見が見つかること間違いなしのとてもよい本でした。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック